渋谷バーチャルのライブ配信や渋谷攻殻NIGHT

2020年の5月19日、バーチャル渋谷が多くの人の期待をうけ開設されました。

バーチャル渋谷はその名の通り、バーチャルな渋谷を体験できるイベントです。相当な予算と時間をかけて、このバーチャルな渋谷は構築されました。このバーチャル渋谷のプロジェクトには、多くの会社が協力しています。通信業界大手のKDDI株式会社はそのうちの一社です。ほかには一般社団法人渋谷未来デザインや、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトも参加しています。

自宅にいながら渋谷が体験できる、バーチャル渋谷の参加方法は非常に簡単でした。特別なことは何しないでOK。バーチャルSNSプラットフォームのCluster(https://cluster.mu/)に新規登録、参加すればいいだけです。料金は無料ですので誰でも気軽に楽しめます。

このバーチャル渋谷、相当なものでした。

そこにある空間は、渋谷とほとんど同じ。というか渋谷でした。

ハイクオリティで、新時代を感じさせます。渋谷バーチャルを心置きなく楽しめる、本物と全く同じの圧倒的クオリティでした。たとえば誰もが知っている渋谷のスクランブル交差点。本物と全く同じのスクランブル交差点を、自宅にいながら訪ねることができたんです。

圧倒的迫力でした。夜のネオンや、道路の感じがそのまま。午後八時過ぎの渋谷が見事に表現されていました。

しかも、バーチャルな渋谷の様々な場所で、イベントがありました。

そのイベントに、自宅にいながら、渋谷の街を歩き、訪れ、参加することができました。イベントには、トークイベント、ライブ、アート展示などあって、それらがライブ配信されていたんです。アバターを使い、日本中のみんなと、それらのイベントを一緒に楽しむことができるんです。イベントを動画配信することも可能です。

またこのバーチャル渋谷の開設とほぼ同時に、世界中にファンを持つ超人気アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」とのコラボレーションイベント「渋谷攻殻NIGHT」も開催されました。

19時からスタートしたこのイベントでは、圧倒的な盛り上がりを見せました。

イベントはそれだけじゃあありません。ほかの渋谷バーチャルのオープニングのイベントも、大いに盛り上がりました。

渋谷攻殻NIGHTのイベントがあるので、大人気のロックバンドSEKAI NO OWARIからDJ LOVEがやってきました。DJ LOVEは攻殻機動隊の大ファン! さらにこのバーチャル渋谷のプロジェクトには、auが協力していますが、SEKAI NO OWARIの新曲「Dropout」がauのCMに使われたためもあり、登場しました。

さらに宇川直宏や、アンジュ・カトリーナ、タレントの若槻千夏もアバター姿で登場しました。非常に豪華なメンバーです。ライブ配信で登場したアバターの四人は、スクランブル交差点のステージで、トークショーを開催しました。豪華なメンバーによるトークショーは大盛り上がりでした!また、現実の渋谷では、スクランブル交差点にステージを設置なんて不可能! ですがそこがバーチャルな渋谷ならでは。堂々とトークショーを繰り広げました。

このトークショーでSEKAI NO OWARIのDJ LOVEは、「au 5Gその手に」編のCMの、撮影エピソードについて語るなどしました。SEKAI NO OWARIは、このCMにDropoutという楽曲を提供しています。またDJ LOVEは5G技術のこれからや、それを音楽ライブに生かすことなどの可能性について語りました。

トークも非常に盛り上がりました。

ですが、スクランブル交差点のステージから降りて、バーチャル渋谷の街ブラも体験!アバターの四人は、参加者のアバターとも交流しました。

このバーチャル渋谷は現実とはちょっと違って、超人気アニメ「攻殻機動隊」とコラボしています。現実の渋谷そっくりの街が、Netflixで大人気配信中の「攻殻機動隊 SAC_2045」とコラボレーションしている姿に、四人にアバターは大興奮していました。このバーチャル渋谷には、スマートフォンやパソコンからは、当然参加できますが、さらにまたVRデバイスからも参加できます。

パソコンでの参加でしたが、VRデバイスからの参加では、もっと楽しめたかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です